女性の薄毛の原因〜加齢によるもの

女性ホルモンの分泌の減少

一般的に女性は男性よりも薄毛になりにくいイメージがあります。
街を歩いていても、薄毛の男性はよく見かけますが、女性はあまり見かけないと思います。
しかし、女性にも薄毛という現象は起きているのです。

 

女性の場合、加齢と共に女性ホルモンが減少していきます。
女性ホルモンのエストロゲンが髪の成長に関与しているため、そのエストロゲンの分泌量が減ると髪の成長期が短くなってしまうのです。

 

髪は成長期に成長して、しばらくすると抜け落ちて、また新しい髪が生えてくるしくみになっています。
成長期から退行期、そして休止期があって、また新たに生えてくるという形です。

 

この成長期が短くなるということは、髪が成長しきらずに抜けてしまうということになります。
髪が早い段階で抜けてしまうと、古い毛が抜けてから次に生えてくる時間が長くなってしまうため、髪の量が必然的に減ってしまいます。
また、しっかり成長しきらずに抜けてしまうため、残った髪もまだ細くコシのない髪であることも、薄毛の原因のひとつになります。

 

さらに、女性ホルモンが減少してくることで、男性ホルモンが優位に立ってくるという現象も起こります。
男性ホルモンが優位に立つと、抜け毛が増えたりする現象が起こるため、薄毛の状態を悪化させてしまいます。

 

蓄積されたダメージによる影響

年齢を重ねていくと、今までのヘアケアなどのダメージが現われてくる場合があります。
長年にわたり、パーマやカラーなどをしている人は、更年期ぐらいの時期になると、その蓄積されたダメージが表にでてきます。

 

ダメージを受けた頭皮は元々デリケートな状態にありますが、加齢で皮脂の分泌やうるおいが低下し、頭皮が乾燥することにより炎症が起きたりして、結果として抜け毛が起こるのです。

 

若いうちから気を付けておきたいこと

頭皮へのダメージは、若い頃からものが蓄積されていくものです。
つまり、若いうちから気を付けておけば、完全に防ぐことはできなくても、発症を遅らせることはできるのです。

 

そのためには、若い頃から頭皮のエイジングケアを心がけておく必要があります。
頭皮のエイジングケアは、症状が出てからよりも出る前からやっておいたほうが、効果も高くなります。
後々後悔しないためにも、症状が出る前から頭皮をいたわってあげるようにしましょう。

page top