紫外線が女性の薄毛を悪化させている?

紫外線は1年中降り注いでいる

紫外線は抜け毛や薄毛の原因になります。
1年で一番紫外線の強い時期はやはり夏ですが、夏の紫外線が髪や頭皮にダメージを与えるため、秋は最も抜け毛が多いシーズンと言われているのです。
それだけ紫外線によるダメージは大きいのです。

 

では、気を付けるのは夏だけでよいのでしょうか?
実は、紫外線は一年中、曇りの日でも降り注いでいます。

 

夏の明らかに日差しが強い日は、帽子をかぶったり日傘をさしたり、紫外線対策をしていると思いますが、それ以外の時期は何もしていないという人も多いことでしょう。
しかし、確実にじわじわと紫外線が頭皮や髪にダメージを与えているのです。

 

紫外線を浴びると髪にはどのような影響があるのか

紫外線を浴び続けることで肌が老化していくことを「光老化」と言います。
この光老化は、髪にも起きてしまいます。

 

髪は紫外線を浴びると、紫外線が髪の中のメラニンを分解してしまうため、色が赤っぽくなってしまいます。
光の加減によっては白っぽく見えたりするなど、見た目も老けた印象を与えます。

 

また、髪の中にあるシステインという物質もダメージを受けます。
システインは髪のタンパク質をつなぐ役割をもっているため、これにダメージがあると、髪の毛が不自然なところで切れてしまう、枝毛や切れ毛の現象が起きます。

 

紫外線の頭皮への影響

頭皮は髪に覆われているので、あまりダメージはないと思われがちですが、実は紫外線は髪を通り越して頭皮にもダメージを与えています。

 

頭皮の場合、じわじわと紫外線のダメージを受けて、それが蓄積されているような状態になっています。
そして、頭皮にある髪を作る元となる毛母細胞がダメージを受けてしまうと、髪が抜けたり、髪が作られなくなったりといった影響があります。

 

また、紫外線を浴びることで発生した活性酸素が頭皮の真皮層のコラーゲンを破壊してしまうため、頭皮が固くなってしまうということも起こります。
頭皮が固くなると、血行が悪くなってしまい、毛根に栄養がしっかりと送られなくなるため、抜け毛などの原因となってしまうのです。

 

頭皮で最も紫外線のダメージを受けやすい部分は、頭頂部や分け目になります。
頭頂部は、最も太陽に近い場所なので、仕方ない部分も多いでしょう。

 

分け目に関しては、その部分だけ頭皮が髪に隠れていないということになるので余計にダメージが大きくなります。
そして、余計にその部分だけが薄毛になってしまう可能性が高いのです。

 

 

page top