頭皮の状態による育毛剤の選び方〜抜け毛

抜け毛が増える時というのは、何か理由があります。

 

例えば、出産後などはホルモンの関係で、
休止期の髪が抜けなかったのが体が元に戻ると共に抜けるため、
急に抜け毛が増えたという感じになります。

 

抜け毛が急に増えた時

しかし、そのような心あたりもないのに急に抜け毛が増えたという場合は、
男性ホルモンの分泌が過剰になっている可能性があります。

 

そのような場合は、男性型脱毛症(AGA)の女性版である
女性男性型脱毛症(FAGA)が疑われます。

 

女性にも男性よりも少ないですが、男性ホルモンが存在しています。

 

FAGAの場合、女性ホルモンの分泌が減り、
男性ホルモンの影響が出やすくなることで、抜け毛が増えるのです。

 

抜け毛が多い場合に摂取したい成分

このような場合にどのような成分を含んでいる
育毛剤を選んだらよいのでしょうか?

 

男性ホルモンの作用を減らし、
ホルモンバランスを整える効果のある成分が含まれているものが良いでしょう。

 

抗男性ホルモン作用のある成分は、チョウジやオウゴンリキッドなどが挙げられます。

 

これらは、男性ホルモンのテストステロンが
デヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換される際に必要な
5αリダクターゼを抑制する効果があります。

 

そしてホルモンバランスを整えるには、カンゾウエキス、
ヨモギエキス、クララエキス、フラボステロン、オトギリソウエキスなどが挙げられます。

 

これらは、女性ホルモンに似た性質があるため、
女性ホルモンを増やし、ホルモンバランスを整える作用があります。

 

急な抜け毛には病気の可能性も

 

急に抜け毛が増えた場合、病気の可能性も疑う必要があります。

 

「膠原病」は、20代から40代に多く、女性の発症率が高い病気です。

 

膠原病とは、全身の複数の臓器や筋肉、
そして血管や関節などに炎症が起こる病気の総称で、その中でも
全身性エリテマートデスという病気が抜け毛を引き起こすことが多いとされています。

 

貧血や倦怠感、そしてホルモンバランスの異常が起き、
全身の循環が低下することで、髪まで栄養が行き届かなくなり、抜け毛が起こります。

 

また、「甲状腺機能低下症」も抜け毛を伴うことがある病気です。
こちらも、女性に多いとされています。

 

甲状腺から分泌されるホルモンが少なくなり、
細胞の働きが悪くなってしまうことで、毛の成長サイクルが短くなり、抜け毛が起こります。

 

この2つ以外にも、鉄欠乏性貧血や、卵巣嚢腫なども抜け毛が起きることがあります。
急な抜け毛で不安がある場合は、医師に相談してみると良いでしょう。

 

page top