年代別の髪の悩みの特徴

髪も加齢と共に変化していきます。
その変化に従って、悩む内容も少しずつ変わってきます。

 

年代別の髪の悩みについて見ていきましょう。

 

20代

20代は髪が上手くセットできなかったりすることに
関する悩みが多い傾向です。

 

つまり、髪のパサつきや、くせ毛、うねり、髪の量が多い、
髪が広がりやすいなど、スタイリングが決まらないことが悩みになりがちです。

 

また、枝毛や切れ毛等の髪の傷みについても多い傾向があります。
これは、髪のカラーリングやパーマなどの影響も大きいといえます。

 

30代

30代も比較的髪質に関する悩みが多い傾向にありますが、
20代では目立たなかった白髪や抜け毛といった悩みが出てきます。

 

白髪は非常に個人差がありますが、
早い人だと30代でかなり増えてきてしまう人もいます。

 

また、抜け毛については、出産後などに
髪を洗っているときなどに大量に抜けてしまうこともあります。

 

ホルモンの変化や、生活の変化による
ストレスなども髪に影響してくることが多いようです。

 

40代

40代になると圧倒的に白髪の悩みが増えます。

 

そして、40代になってきて現われてくる悩みは、
髪にハリやコシがなくなること、髪がペタンとしてしまうことなどです。
これらは、加齢の影響で現われてくる現象といえるでしょう。

 

この状態は、スタイリングも難しくなるため、
その点でも悩みになる上、髪にボリュームがなくなることで、
周りの人の目線が気になってきたりもするようです。

 

50代

50代以上も圧倒的に多いのは白髪の悩みです。
白髪が少なかった人もだいぶ多くなってきてしまう年代と言えるでしょう。

 

ハリやコシがないことや、髪がペタンとなってしまうことも、
40代に比べて悩む人が増えてしまう傾向になります。

 

さらに、髪が細くなっていること、髪の量が少なくなってしまうことで
悩む人も増えてくることから、全体的に髪のボリュームが減って、
薄毛傾向になる人が増えてしまうことがわかります。

 

60代以上

60代以上になっても、やはり一番の悩みは白髪ですが、
白髪に次ぐ悩みが薄毛につながるものばかりになります。

 

髪にハリやコシがないこと、髪の量が少ないこと、髪が細いこと、
髪がペタンとしてしまうこと、そして抜け毛というものが悩みの上位に並びます。

 

生え際が薄くなることを感じたり、
地肌が見えるなどの薄毛がどんどん進んでしまった状態が目立つようになるようです。

page top