男女の薄毛の違いにはどんな特徴があるか

男性の薄毛の特徴

男性の薄毛の見た目の特徴は、
毛髪が抜け落ち、頭皮が完全に露出してしまうところです。

 

額から脱毛が進んでいくM型、頭頂部から脱毛が進んでいくO型、
M型とO型が合わさった複合型があります。

 

原因としては、男性の場合、
遺伝による要素が非常に大きいといえます。

 

毛根部の細胞が男性ホルモンに弱いという状態が、
遺伝により引き起こされることが多いからです。

 

男性ホルモンは酵素と結びつき、
毛母細胞を攻撃する「ジヒドロテストステロン」というものに変化します。
このジヒドロテストステロンの作用で毛髪が産毛化ししてしまうのです。

 

男性はこのジヒドロテストステロンの量が多く、その影響が出やすいのです。

 

 

女性の薄毛の特徴

一方、女性の薄毛の見た目の特徴は、
髪が全体的に薄くなり、頭皮が透けてみえるといったものです。
このような全体的に薄くなる薄毛を「びまん性脱毛症」といいます。

 

男性が一部分の髪が完全に抜け落ちて
地肌が完全にみえてしまうのに対し、
女性の場合は、全体的に薄くなるという感じです。

 

分け目などが目立つようになり、
全体的にボリュームがなくなって、
髪がペタンとしてしまうことが多いようです。

 

女性の場合でも多少の遺伝的要素はありますが、
男性ほどではありません。

 

女性の場合は、女性ホルモンの影響によるものが大きく、
加齢により女性ホルモンが減り、
男性ホルモンが強くなってくると薄毛になりやすくなります。

 

また、ストレスなどの心のダメージや、
パーマ・カラーなど直接髪を傷めるものなども原因となります。

 

薄毛対策の違い

このように、男性の薄毛と女性の薄毛は、
見た目にもその原因にも違いがあるのがわかります。
原因が違うため、その対応の仕方も変わってきます。

 

男性の場合は、男性ホルモンを抑制したり、
男性ホルモンが脱毛をもたらすホルモンへ
変化することを防ぐという対策が必要です。

 

一方、女性の場合は、生活や食生活に気を付けたり、
育毛剤やサプリメントを使うなどの対応が一般的です。

 

原因が多岐に渡りすぎていてなかなか原因を特定することが難しいため、
一般的な方法を習慣的に行うという対策を取らざるを得ないのです。

 

しかし、再発を防ぎ、根本的な原因となる部分から対処するには、
薄毛の原因をある程度特定することが必要となります。

 

客観的に、また、正しく原因を見つけるには、
クリニックでの診療が必要な場合もあります。

page top