女性に多い脱毛症にはどんなものがある?

びまん性脱毛症(女性男性型脱毛症)

男性ホルモンが原因で起こる脱毛症ですが、
男性の脱毛症とは見た目が違います。

 

女性の場合は、全体的に薄くなるため
「びまん性脱毛症」と言われます。

 

加齢により女性ホルモンが減少し、
男性ホルモンが優位に立ってくるとこの
脱毛症になる可能性が高くなります。

 

牽引性脱毛症

いつも同じ髪型にしていたりして、
長期に渡って髪の毛を引っ張ったりしている状態が続くと
起こる可能性のある脱毛症です。

 

長い髪をいつも同じように束ねていたり、
同じ分け目だったりすることで、いつも同じところに負担がかかり、
その部分の毛根がダメージを受け、髪が薄くなってしまうということが起こります。

 

髪型を変えたり、分け目を変えたりして、
いつも同じ場所に負担がかかってしまう状態
にしないようにすれば防ぐことは可能です。

 

分娩後脱毛症

妊娠中から出産後にかけてのホルモンの変化により、
一時的に抜け毛が増加するというものです。

 

産後しばらくするとシャンプーの度に大量に髪が抜けるため、
驚く人も多いですが、
体の状態が元に戻ってくれば自然に回復していきます。

 

半年から1年ほどで治ることがほとんどですが、
高齢出産などで、体の回復に時間を要する場合などは
もっと時間がかかることもありますし、完治が難しくなることも稀にあります。

 

円形脱毛症

円形脱毛症は男女問わず起こる脱毛症ですが、
突然円形の脱毛が起こってしまうことが特徴です。

 

豆粒ぐらいの大きさから
500円玉ぐらいの大きさの脱毛が1〜数か所できる「単発型」、

 

脱毛部分が2か所以上あり、何度も繰り返す「多発型」、
生え際に帯状に広がる「蛇行型」、
多発型が頭全体に広がり、ほとんど抜け落ちてしまう「全頭型」、
頭髪だけでなく、全身の毛が抜けてしまう「凡発型」があります。

 

一般的に、極度のストレスが原因となって
円形脱毛症が起こると言われますが、
そのメカニズムははっきりとはわかっておらず、
現在は自己免疫疾患が原因と考えることが主流になっています。

 

しかし、自己免疫の働きをもつリンパ球が誤って
成長期の毛包を攻撃してしまうことがなぜ起こるのか
などもまだはっきりわかっていません。

 

粃糠性脱毛症

フケが毛穴をふさいでしまうことで、頭皮が炎症を起こしてしまい、
髪の成長が妨げられることで発症します。

 

シャンプーのしすぎ、不十分なすすぎ、また、
パーマやカラーリングなどの刺激が原因で
頭皮に異常が起こることが原因と言われています。

 

脂漏性脱毛症

過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさぐことで
頭皮が炎症を起こし、髪の成長が妨げられることで発症します。

 

脂漏性皮膚炎になることもあるので、
早めに皮膚科などに受診したほうが良いでしょう。

page top