薄毛を改善するための生活改善

良質な睡眠をしっかりとろう

睡眠は薄毛を改善するためにも非常に重要です。

 

他にいろいろな対策をとったとしても、
睡眠をおろそかにしてしまうと、効果はなかなか上がりません。
それほど大切なものなのです。

 

睡眠中というのは、体が日中のダメージを修復する時間です。
髪や頭皮においても同様で、紫外線などで傷ついた部分を修復したりします。
さらに、新しい髪が成長する時間でもあります。

 

良質な睡眠を確保するには、早く寝ることが大切ですが、
早く寝て、さらに質のよい睡眠を確保するには、
それまでの過ごし方も大切になります。

 

人は、体温が下がるときに自然に眠気が出てくるので、
そのタイミングで眠ると質の良い睡眠をとることができます。

 

そのためには、寝る前に入浴して、体を温めます。

 

湯船に浸かり、リラックスすることは、
睡眠のためだけでなく、ストレスの解消にもなります。

 

 

そして、入浴後は、テレビやパソコン、スマートフォンなどの使用を避け、
直前までそれらを使用することがないようにしましょう。

 

パソコンなどを使用すると、脳が起きている状態が続いてしまうため、
眠れたとしても、脳がなかなか眠れないという状態になってしまうからです。

 

お風呂に入り、リラックスして、
そのあとは眠りが来るまでゆっくり過ごすと、自然に良い睡眠が得られます。

 

適度な運動をしよう

薄毛対策には、血行を良くすることが非常に大切です。

 

髪や頭皮は、人の生命を維持するために必ず必要な器官ではないため、
何かの理由で血行が悪くなるようなことがあると、
一番最初に血液が十分に行き届かなくなる場所となります。

 

つまり、他の部分に先に栄養分などをとられてしまい、
後回しにされてしまうということです。

 

しかし、血行が良い状態であれば、
しっかりと髪や頭皮にまで栄養や酸素が行きわたるので、
体全体の血行をよくすることが非常に有効なのです。

 

髪に良いのは有酸素運動です。
有酸素運動とは、ウォーキングやジョギング、自転車、水泳などです。
これらの運動を1日15分〜30分、週に3〜5日ほど行うことと良いとされています。

 

運動をしなれていない人が急にたくさん運動すると、
体調に悪影響になる場合もあるので、
軽めの運動から少しずつ行って体を慣らしていきましょう。

 

軽く汗をかく程度の運動が、血行を良くする運動にはぴったりです。

 

ストレスをためないようにしよう

ストレスは多い状態は、体の血行を悪くするほか、
ホルモンバランスが崩れる原因ともなります。

 

血行が悪いことも、ホルモンバランスが崩れることも、
髪の成長に悪影響を与えます。

 

生活を送っていく上で、
ストレスがない状態というのは非常に難しいでしょう。

 

しかし、そのストレスを上手く発散していくことで、
ストレスを貯めにくくするということを心がけることが大切です。

 

自分なりの楽しみやストレス発散方法を見つけることも良いことですが、
リラックスする時間を設けたりするだけでも良いかもしれません。

page top