薄毛を改善するための食生活の改善とは

食生活の改善は、
髪や頭皮の状態をよくするためには必要不可欠です。

 

それは、髪も頭皮も栄養を届けるための血液も、
全て食べたものが元になってできているからです。
何を食べるかということはとても重要なことなのです。

 

髪に良いというものをたくさん食べるということではなく、
栄養バランスのとれた食事を3食とるということがまず基本になります。
その上で、髪に良いものを積極的にプラスしていくようにしましょう。

 

積極的に摂取したい栄養素とそれを含む食材

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをします。
女性ホルモンは、髪の成長には欠かせないものです。

 

豆腐・大豆・納豆・味噌・豆乳などに多く含まれています。

 

アミノ酸

髪はケラチンというアミノ酸の一種でできています。
アミノ酸を補うことも、髪の成長のために有効です。

 

牛肉・豚肉・鶏肉・卵・牛乳
カツオ・マグロ・大豆製品などに多く含まれています。

 

ビタミンC

血管を丈夫にする働きや、
活性酸素を抑える抗酸化作用があります。

 

ピーマン・キャベツ・レモン・キウイなどの多く含まれています。

 

ビタミンB

ビタミンBのうち、ビタミンB2は細胞の新陳代謝を促し、
ビタミンB6はタンパク質を吸収させ
ケラチンを作ることを促進する役割があります。

 

にんにく・レバー・マグロ・カツオ
しじみ・あさりなどに多く含まれています。

 

ビタミンE

血管を拡張し、血液の流れをよくする働きがあります。
過酸化脂質の増加を防ぐほか、ストレスの予防などにも効果があります。

 

ごま油・ひまわり油などの植物性の油
魚の脂・ナッツ類に多く含まれています。

 

ビタミンA

血流を促進してくれる役割や、
頭皮環境をよくするための保湿の役割も持っています。

 

人参・ニラ・春菊・バジル・うなぎ・レバーなどに多く含まれています。

 

亜鉛

タンパク質の合成や発育に必要で、
新陳代謝を活発にするほか、免疫力も高めます。

 

肉類・魚介類・卵・チーズ・大豆製品・ナッツ類や穀類に多く含まれています。

 

ヨウ素

新陳代謝を促して細胞の成長を助ける働きがあります。
タンパク質の合成も助けます。

 

魚介類や海藻類に多く含まれています。

page top