MENU

男性用の育毛剤と女性用の育毛剤の違い

男性用育毛剤と女性用育毛剤では、
発毛へのアプローチの仕方が異なると言って良いでしょう。

 

お互いにどんな違いがあるのでしょうか?

 

男性用の育毛剤の特徴

男性の薄毛は、男性ホルモンの作用によるものがほとんどといえるでしょう。

 

男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、
それが髪の成長を妨げるのです。

 

また、男性ホルモンの作用で皮脂の分泌が多いことや、
フケや痒みの症状が多いという特徴もあり、それに対応した成分が配合されています。

 

皮脂分解成分、抗菌成分、男性ホルモン抑制作用、血行促進剤、
清涼剤などを含み、少し刺激があり、使用感はさっぱりしているものが多いようです。

 

女性用の育毛剤の特徴

女性の薄毛は女性ホルモンの減少や
頭皮の栄養状態の悪化などが原因のほとんどです。

 

そして、女性はヘアカラーやパーマなどをすることが多いことから、
頭皮や髪にもダメージがあることがあり、それも薄毛の原因の一つとなります。
また、女性の場合は、貧血が絡んでいることも多いと言われています。

 

そのようなことから、女性の育毛剤には、
栄養成分、保湿成分がたっぷりと配合されていることが多いです。

 

また、イソフラボンなどの女性ホルモンと似た働きをする成分が配合されており、
刺激が少なくマイルドな使用感のものが主流です。
女性が好む香りがついているものもあります。

 

女性が男性用の育毛剤を使っても効果があるのか

女性と男性では薄毛の原因が違うこともあり、
女性が男性用の育毛剤を使うとどうなのかというのは気になるところです。

 

実際に、お店などで売っている育毛剤は男性用のものが多く、
しかも、特に男性用と記載がないものも多いので、
同じ薄毛と思い使う人もいるようです。

 

女性が男性の育毛剤を使うことについては、
男性用と女性用で共通する部分もない訳ではないのですが、
やはり元々の原因が違うことを考えるとお勧めはできないでしょう。

 

そして、男性の方が一般的に肌が強い場合が多いため、
男性用のものでは、頭皮への刺激が強すぎる可能性があります。

 

また、最近では男女兼用の育毛剤もあります。

 

男女兼用の育毛剤の特徴は、
男性に必要な成分と女性に必要な成分をバランス良く含んでいることです。

 

男性ホルモンを抑制し、血行を改善するセンブリエキスやオウゴンエキス、
女性ホルモンに似た働きをするヒオウギエキスなどの生薬を主成分としているものなどは、
男女兼用のものに多いようです。

 

これならばあまり実害はなさそうですが、効果の面から言えば、
どちらにとっても物足りないものになる可能性があります。

 

女性用の育毛剤も増えているので、やはり女性は女性用を使う方がおすすめです。