シャンプーに含まれる界面活性剤とは?

非常に多くの種類が市販されていますが、
その成分の9割が「水」と「界面活性剤」となっています。

 

9割をその2つが占め、なおかつ1つは「水」ということは、
「界面活性剤」がそのシャンプーの良し悪しを決めるともいえます。

 

シャンプーのボトルの裏面に成分の表示があります。
その表示は配合量の多い順に成分が並んでいるので、
その表示を見ることで、どの成分の影響を大きく受けているのかがわかります。

 

界面活性剤とは

シャンプーの良し悪しを決めると言ってもよい
「界面活性剤」は、シャンプーの洗浄成分です。

 

界面活性剤は、水だけでは落とせない汚れを包み込んで
髪や頭皮から剥がし、再びつかないようにしてくれる成分です。

 

汗や埃だけなら水だけでも落とせますが、
それ以外の皮脂や整髪料を落とすには界面活性剤が必要になるのです。

 

界面活性剤には種類があります。
天然物、石けん系、脂肪酸エステル系、
アミノ酸系、高級アルコール系、石油系という分類が大まかにされています。

 

天然物は、「カゼイン」「レシチン」「サポニン」などの記載があり、
自然の植物などに含まれているものです。

 

石鹸系は、ヤシ油から作られている「ラウリン酸Na」があり、
脂肪酸エステル系は刺激が少ないことが特徴で、
「ラウリン酸スクロース」「ミリスチン酸スクロース」などという記載がされています。

 

 

アミノ酸系は「ココイル〜」「ラウロイル〜」という記載のあるもの、
高級アルコール系は「ラウレス硫酸Na」などになります。

 

また、石油系は「ラウレス硫酸〜」「ラウリル硫酸〜」というような記載があるものです。
これらの表示を見ることで、シャンプーがその部類に入るのかがわかるようになっています。

 

 

注意すべき界面活性剤

しかし、これらの界面活性剤の中には
使用について注意すべきものもあります。

 

高級アルコール系の界面活性剤で、硫酸系のものです。

 

表記に「硫酸」の文字があるので、すぐわかると思いますが、
これらは髪や頭皮にダメージを与えてしまうため、
特に薄毛に悩む人にはよくない成分といえます。

 

洗浄力が強いため、皮脂を取りすぎてしまったり、
皮膚に残留しやすく、痒みやフケ、薄毛の原因にもなると言われています。

 

同じ「界面活性剤」でも種類によって性質に違いがあります。

 

「界面活性剤」は、汚れを落とすのに必要ですが、
その種類によって洗浄力や髪や頭皮へのダメージの度合いが違ってきます。
どのようなタイプのものが使われているのかよく理解することが大切です。

page top