アミノ酸シャンプーは一体どんなシャンプーか

薄毛の人の場合、洗浄力が強いシャンプーは
頭皮や髪に刺激が強いので、避けたほうが良いでしょう。

 

一般的に安い価格で販売されているシャンプーは、
洗浄力の強い高級アルコール系シャンプーなので、避けたほうが無難です。

 

高級アルコール系シャンプーは、汚れはよく落とせるのですが、
汚れだけでなく本来必要な皮脂までも取り除いてしまうため、
頭皮の乾燥を引き起こします。

 

頭皮の乾燥は、皮脂の過剰分泌を引き起こすため、
その皮脂が毛穴に詰まるなどして、毛の発育に影響を及ぼしてしまいます。

 

つまり、薄毛の人には洗浄力より肌への優しさが大切になるということになります。

 

肌に最も優しいシャンプーは「アミノ酸シャンプー」です。
洗浄力は他のシャンプーには劣りますが、頭皮には優しいので、
薄毛に悩む人には最適なシャンプーといえるでしょう。

 

アミノ酸シャンプーとは

アミノ酸シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸系の界面活性剤を使っています。

 

髪や頭皮などを作っているタンパク質はアミノ酸でできているため、
アミノ酸シャンプーは髪や頭皮への刺激が少ないということになります。

 

また、シャンプーの際にアミノ酸を補うことができるというメリットもあります。

 

そして、自然な洗いあがりで頭皮にもやさしく、
保湿性もあるので、髪のパサつきなども抑えられます。

 

アミノ酸シャンプーに含まれている洗浄成分である界面活性剤は、
次のような名前のものになります。

 

「ラウコイル〜」「ココイル〜」「ココアンホ〜」
(両性界面活性剤)「〜ベタイン」(両性界面活性剤)
通常はこれらを何種類か組み合わせて配合されています。

 

アミノ酸シャンプーを選ぶ際の注意点

アミノ酸シャンプーを選ぶ際には注意があります。

 

それは、アミノ酸が入っているシャンプーと言っていても、
実際は高級アルコール系の成分をメインにし、
少しだけアミノ酸系の成分が入っているというものがあるからです。

 

成分表を見る際に、上のほうに上記に挙げた成分が書いてあれば、
アミノ酸シャンプーといえますが、そうではない場合は注意が必要です。

 

成分表の記載は、配合量が多いものから順番に書いていくため、最初のほうに「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」「スルホン酸」といった記載がある場合は、高級アルコール系のシャンプーにアミノ酸系の洗浄剤が少し入っているものということになり、本当の意味でのアミノ酸シャンプーではありません。

 

成分をしっかり確認して、間違えないようにしましょう。

page top