シャンプーの種類はどんなものがいいのか?

ドラッグストアなどに行くと、本当にたくさんの種類のシャンプーが並んでいます。

 

どれが自分に合うかよくわからず、
可もなく不可もないものを継続して使っていたり、
とりあえずいろんなものを試していたり、

 

なかなか自分に合う納得できるシャンプー
に巡り合えていない人も多いのではないでしょうか。

 

まずはシャンプーには大きく分けてどのような種類があるのか、
それぞれの特徴を知ることにより、
自分に合ったシャンプー探しの判断材料にしてみましょう。

 

シャンプーの種類

高級アルコール系シャンプー

市販されているシャンプーの約9割がこの
「高級アルコール系」シャンプーと言われています。

 

テレビでCMされているものなどはほとんどこの種類になります。

 

高級とついているのですが、価格が高いというわけではなく、
炭素数が多いという意味で使われています。
炭素数が多いと泡立ちがよくなります。

 

洗浄力は強く、頭皮の皮脂を取りすぎてしまう傾向にあり、
頭皮への刺激も強いものもあります。

 

しかし、価格は3種類のうち最も安価と言ってもよく、使い勝手はいいでしょう。

 

石鹸系シャンプー

アルカリ性で洗浄力が強いことが特徴です。

 

人の肌や髪は弱酸性なので、
アルカリ性の石鹸性シャンプーは刺激が強く、
皮脂もとりすぎてしまう傾向がありますが、
洗浄力が強いため、洗いあがりはスッキリとしています。

 

しかし、アルカリ性なので、髪はキューティクルが開いてしまうため、
酸性のリンスで中和する必要があります。

 

無添加で天然素材を原料としているものが多く、
分解が早いため、環境にはやさしいと言われています。

 

アミノ酸系シャンプー

よく美容室などで使われているシャンプーです。

 

洗浄力がそれほど高くないため、
肌への刺激が少なく、頭皮に優しいのが特徴です。
皮脂の取りすぎを防ぐことができるため、頭皮の乾燥を防ぐことが可能です。

 

ただ、価格は非常に高いです。
高級アルコール系シャンプーと5〜10倍の違いがあります。

 

自分に合うシャンプーを選ぶ

このように、シャンプーには大きく分けて3種類ありますが、
それらの特徴を見ながら自分の髪や頭皮にあったものを選ぶ必要があります。

 

薄毛に悩んでいる場合は、頭皮への刺激が強いのは一番良くないので、
やはり価格が高いのが難点ですが、アミノ酸系シャンプーがおすすめだと言えます。

page top